自分のギフトを見つけよう

そしてみんなのギフトも見つけよう

多次元キネシオロジー:生まれ変わりの旅 Day 5

初めから読みたい方はこちらからどうぞ。

Day 5

最終日。スッキリした朝を迎えました。朝鏡を見たら顔が変わっている。シリウス遺伝を調整したら顔の角張というか、つっぱりがなくなって、まろやかになっている。潜在意識の調整とはすごいものです。

今日は金星とプレアデジスの半分を調整しました。 

金星遺伝とは人に尽くす、人を喜ばせる、人に合わせるという性質です。

https://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/diary/201712210000/

調和と平和を重んじるばかりに自分の軸を見失う、THE 日本人。私にもそんなところがあるのです。人に同情したり、人に尽くせないと申し訳ないとなり、自己犠牲につながりやすい。つまり、他人との調和にフォーカスするあまり、自分の感覚を抑圧するわけで、それが自分の感覚を鈍らせる原因になっているなんて、そんなところまで思いは及びませんでした。これからは今私がどう感じているのかということにフォーカスして、喜びベースで行動し、キネシオロジストの道を歩んで行きたい。

プレアディス遺伝とは、慈愛、人間愛がベースの性質です。

https://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/diary/201810120000/

人間愛が深く、人に尽くすあまり、自分の喜びをベースに人生を選択できなくなくなるという問題があります。これもライトサイドの宇宙遺伝の一つですが、実際、自分の感覚を封じ込める原因となり、自分軸を研ぎ澄ますことへの障害となってしまいます。しかし、これらの宇宙遺伝を調整したことにより、これでとうとう、息子とのエネルギーコードも切れました。これからは息子との健康的な関係を保ちつつ、自分軸からずれていかないよう、ヒーリングを続けていきます。まだまだ癒すところは沢山あるのでできるところから一歩一歩進みます。

今までヒーリングセッションを体験しても好転反応というのはあまりなかったのですが、今回初めて経験することになりました。シリウスはストレスを感じるのが弱かったので、体に反応が来るまでわからないということです。また今回は自分の深い遺伝を調整するということに体が抵抗を示しました。自分を変えられるのがいや、というのは分かっていたけれど、本当だったんだな。顕在意識でいいよ、と言っても潜在意識はやめろ、と言っているわけです。そんな中、典子さんがそのブロックを外しながらずんずん進み、たくさんの遺伝を調整してくれたんです。侍ヒーラー典子さん、恐れ入りました。 

そして、私にガイドがいてくれたのもありがたいです。ガイドがコミュニケートしたいと言ってくれているそうなので、こんな幸せなことはありません。これからガイドと交流しながら二人三脚で進みます。

典子さんが言ってた、抜けて見てわかる、が私も分かる。心配ベース、恐怖ベースの意思決定から喜びベースという意味。今までわかっていたようで全然わかってなかったんだな〜

5日間のセッション、とうとう終わりました。今はまだ、ふわふわした感じではありますが、数日かけて促された変化が統合されていくということで、今後が楽しみで仕方がありません。それにしても典子さん、よくもこの複雑な私とお付き合いくださいました。人間は誰しも矛盾だらけで複雑なのですが、そこがなんともウズウズするところでして、そこをしっかり紐解いて、闇を見せてくださいました。もちろん、私の体がそう言っているとはいえ、典子さんの素晴らしい洞察力に脱帽です。キネシオロジーの可能性にもワクワクです。もっと深いところにアクセスできるキネシオロジストになるために、自分の感覚に正直になろう〜

 

旅は続く!