自分のギフトを見つけよう

そしてみんなのギフトも見つけよう

グローバルリーダーシップ:まずは自分をリードする

こんにちは、Dr. ケイです。

今日のテーマはグローバルリーダーシップ。

21世紀は、様々な要因が複雑に絡み合い、流動的で、「正解のない時代」。

そんな変化の速い、未来予想ができない時代には、老若男女どんな人でもそれぞれの立ち位置でグローバルな視点を養うリーダシップの訓練とその実践が必要不可欠です。

21世紀は、一人一人がそれぞれの能力を発揮し、また助け合い、社会全体に貢献していくことが必要な時代です。つまり、ある特定の人がリーダーになるのではなく、全ての人がリーダーになる時代なのです。

まずは自分で自分をリードできること。これをパーソナルリーダーシップと言います。自分の人生の舵取りは自分でする、そんなリーダーシップを養うことが必要。今の時代は一人一人が本当の自分の声に耳を傾け、思慮深く、意思決定をし、自己表現し、自ら行動していけるようになることが求められています。

”Think globally, act locally”とよく言われます。自分には外国のことは関係ない、と感じている方もいるかもしれませんが、「グローバル」とは「ローカル」の中に存在するものです。自分の日常の身の回りを見渡してみてください。グローバルな視野とはまさに俯瞰して物事を捉える力です。その俯瞰力とともに、自分の輝きとギフトを見い


出し、自身のビジョンに向かって一つ一つ実行し、さらに他者と相互に連携をとりあっていくことが大切です。

また、異なる人種や文化、社会的立場を超えて 相互理解と信頼関係を築く力を養い、健全で協業的、包摂的な環境を築くことが

21世紀のリーダーの条件となるでしょう。

f:id:tamayurari:20190723122144j:plain

俯瞰力を養おう