自分のギフトを見つけよう

そしてみんなのギフトも見つけよう

マトリックスエナジェティクス BEYOND ME 2

Matrix Energetics BEYOND ME のトレーニングの後半は思いがけずサウンドヒーリングでした。音によるバイブレーション(振動)を使って、体や心の不調和を改善し、本来備わっているキャパシティーと活性化して、個人や社会のリミットレスな可能性を広げるという手法です。

10年程まえ、Tom Keyon の5日間で行うサウンドヒーラートレーニングを受けたことがありますが、その時も心身の不調を音のバイブレーションを使って癒すということを学びました。あらゆる物は全て振動しており、その振動波を発しているわけで、何か不調があるとすればその波長が共鳴していないというわけです。似た者どうしが集まるのも波動が共鳴しあうから。人間関係は波動が合うと引き寄せ合うのですが、徐々に波動が合わなくなって疎遠になったり離れたりするわけです。頭で、あの人が好きな理由とか嫌いな理由とか作りだしますが、そのような理由はただの後付けであって、本来引き合うのは波動の共鳴によるものなのです。

リチャードが話していたことでひとつ面白いなと思ったのは、変化を起こすためには音の不協和音を使うこともある、ということ。不協和音を使うことで、出来上がって繰り返されているパターン(old song) を壊すことになり、新たなパターンをつくるきっかけになるという。確かに、キネシオロジーの調整法のとき、惑星チャイムやチューニングフォークも、不調和な組み合わせで選ばれることが多々あります。あるクライアントはその不調和音が体と心に深く響いたとコメントしていました。変容が起きるとき、古いパターンが壊れて新しいパターンが生まれるのを待つ必要があります。その時は混沌としていて、不安定になり、体や感情にも何かしら症状が出ることがあります。これらを好転反応とも呼びます。不協和音は必ずしも快の感覚ではないのですが、新しい段階に進むには必要なプロセスです。

今回のワークショップでは、オーケストラの楽器を使って潜在意識を書き換える練習を行いました。また、音楽としての音だけでなく、色々なレベルの周波数がどう感じられるかというエクササイズもあり、その後、周りの様々な音の振動に敏感になり、その振動が運ぶ情報についても意識するようになっています。心臓の動きから始まり、体の臓器一つ一つにもその波動があり、声、感情、思考までもが波動であり振動している。気や川、海、山や石、火、金属も振動し、波動を生み出している。サウンドヒーリングは様々な音を使って心と体、そしてフィールドのエネルギーまでも調整し、人を社会を地球を癒すことができるというわけである。

 

f:id:tamayurari:20181028115749j:plain

4日間一緒に場をホールドし続けたDexter くんです。可愛いい。